尿失禁に対する対策~尿漏れを改善して楽しい毎日を過ごしましょう~

看護師

漏れないように努力する

植物

度重なる尿失禁に対して対策を立てている人もいます。トイレに頻繁に言ったり、パッドを購入してつけてみたり、人それぞれ対策を立てていますがおなかに力がかかってくると尿失禁を起こしてしまう腹圧性尿失禁は、これらの対策をとってみてもあまり効果が出ないこともあります。骨盤の筋肉を鍛えるためのトレーニングも、効果が表れてくるまでに時間がかかってしまいます。そこで短時間で尿失禁の対策を打つために、手術に踏み切る人も少なくはありません。この手術はTVT手術と呼ばれていて非常に簡単にできて、体の負担も少なくなっている手術方式です。尿失禁の心配をせずに生活を楽しんでみたいという考えで、年々この手術を行う人が多くなってきています。

このTVT手術は尿道の左右にメッシュテープを入れる手術になります。くしゃみや咳をした時に尿道が下へ動くのを、このテープが支える働きをしてくれます。このテープが尿道を支えることにより、おなかに圧力がかかっても尿失禁を防止してくれます。このTVT手術は成功率が90%以上とたいへん効果的な手術になっていますが、この手術によるリスクもあります。それは手術で出血があると血腫ができてしまうことにあります。また感染症にかかってしまうリスクもあります。そしてこの手術を行った後に尿意切迫感が出てくることもあり、尿道に入れたテープが原因で体が拒絶反応を起こしてしまうこともあります。これらのリスクはまれに起こるリスクですが、手術をするときはこのようなリスクが出てくるかもしれないということをよく考えて、行うようにしてください。

Copyright© 2016 尿失禁に対する対策~尿漏れを改善して楽しい毎日を過ごしましょう~All Rights Reserved.